【正論】国際機関トップ増強へ柔軟発想を 東京外国語大学教授・篠田英朗 - 産経ニュース

正論

国際機関トップ増強へ柔軟発想を 東京外国語大学教授・篠田英朗

東京外国語大学教授の篠田英朗氏
東京外国語大学教授の篠田英朗氏
新政権に望む人事の戦略

岸田文雄政権が発足した。注目点の一つとなっているのが、「経済安全保障」への取り組みだ。岸田首相が自民党政調会長時代に設置した党新国際秩序創造戦略本部の構成員が、要職に就いている。

ところで同戦略本部の提言にはルール形成戦略議員連盟からの意見を反映させる形で、国際機関高位職に就く邦人職員を増強することの必要性が謳(うた)われている。中国人が、特に経済系の国際機関のトップ職を数多く取り始めていることへの危機感の表れだろう。

ランキング

  1. 反田さんに立ち上がり称賛 ショパンコンクール本選
  2. フェイスブックが社名変更か 米メディア報道
  3. 紀子さまの父、川嶋辰彦さんが入院
  4. 日本がリーダーシップ発揮するとき 台湾TPP加入実現へ
  5. ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発 警視庁
  6. 身内が拉致されたら言えますか 半井小絵
  7. 北朝鮮「新型SLBMの潜水艦発射に成功」と報道
  8. 卑弥呼論争に一石 統治は纒向、擁立は九州・吉備中心
  9. 政府、韓国に抗議「国際法違反」 三菱重工の資産売却命令
  10. 韓国、今月末にもTPP申請の是非判断 中国を意識

メインコンテンツ