安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品11位 「南禅寺 水路閣」

南禅寺 水路閣
南禅寺 水路閣

以前NHKに「平成古寺巡礼」という番組があった。わたしは南禅寺の三門を見る回にでかけた。石川五右衛門が、「絶景かな絶景かな」と芝居で大見得(おおみえ)を切る場面がこの三門の上だということになっている。

この三門の柱はとても大きく、2人で抱きかかえるほどもある。しかも1本ではない。もうこんな木はどこにもないだろうと思う。

「おほてらの まろきはしらのつきかげを つちにふみつつ ものをこそおもへ」(会津八一)という歌を覚えているが、こんな柱を歌ったのではあるまいか、などと思う。(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■「安野光雅 洛中洛外」令和四年カレンダー発売