DeNAの三浦監督続投へ 来季が就任2年目

ファンに帽子をとってあいさつするDeNA・三浦大輔監督=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
ファンに帽子をとってあいさつするDeNA・三浦大輔監督=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

DeNAが三浦大輔監督に来季も指揮を託す方針であることが12日、球団関係者への取材で分かった。来季が2年契約の2年目となる。この日の広島戦(マツダスタジアム)に敗れ、今季の4位以下が確定してクライマックスシリーズ(CS)進出がなくなった。来季の巻き返しを狙う。

就任1年目の今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響でオースティン、ソトら外国人選手の来日が開幕に間に合わず、初勝利を挙げるまでに9試合を要するなど出遅れが響き、最下位に沈んでいる。チーム防御率はリーグ唯一の4点台の4・20で、588失点もリーグワースト。来季は投手出身の三浦監督に投手陣の再建が求められる。