岸田首相、新しい資本主義実現会議「速やかに開催したい」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田首相、新しい資本主義実現会議「速やかに開催したい」

参院本会議で代表質問への答弁を行う岸田文雄首相=12日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議で代表質問への答弁を行う岸田文雄首相=12日午前、国会(春名中撮影)

岸田文雄首相の所信表明演説に対する各党代表質問が12日午前、参院本会議で行われた。首相は看板政策である「新しい資本主義実現会議」について「速やかに会議を開催したい」と強調した。首相は衆院選前に自らが掲げる「成長と分配の好循環」のイメージを国民に伝える考えだ。立憲民主党の福山哲郎幹事長の質問に答えた。

福山氏は、首相が自民党総裁選で主張した金融所得課税の強化に関して軌道修正したと指摘し、「ぶれ過ぎだ」と追及した。首相は「分配政策としてはさまざまな政策を考えている。優先順位が重要だ」と重ねて説明した。

福山氏が河野太郎広報本部長や小泉進次郎前環境相を重用しなかった理由を聞いたのに対し、首相は「与党には高い能力と専門性を持った多彩な人材がおり、適材適所で人事を行った。挙党一致体制を作ることができた」と胸を張った。