誘拐容疑で夫婦を再逮捕 東京・墨田の高3女子殺害事件 - 産経ニュース

メインコンテンツ

誘拐容疑で夫婦を再逮捕 東京・墨田の高3女子殺害事件

女子生徒の遺体が見つかったとみられる物置小屋(手前)=8月、山梨県早川町
女子生徒の遺体が見つかったとみられる物置小屋(手前)=8月、山梨県早川町

東京都墨田区の女子高校生(18)が行方不明になり、山梨県内の小屋で遺体で見つかった事件で、女子高校生を連れ去ったとして、警視庁向島署捜査本部は12日、未成年者誘拐容疑で、群馬県渋川市渋川の無職、小森章平被告(27)と妻、和美(いずみ)被告(28)=いずれも殺人罪などで起訴=を再逮捕した。逮捕は3回目。

再逮捕容疑は、8月28日夕方、東京都墨田区内のコインパーキングに女子高校生を呼び出し、乗用車で連れ去ったとしている。

捜査本部によると、和美被告の会員制交流サイト(SNS)のアカウントで、女子高校生に脅迫するメッセージを送り、「10~15分くらいで話は終わる」「私も1人だから、あなたも1人で来なさい」などと噓を言って呼び出し、夫婦で連れ去ったという。

3日後の同月31日未明、山梨県早川町の物置小屋で、女子高校生の遺体が見つかった。夫婦は当初、殺害を認める供述をしていたが、章平被告は「弁護士が来てから話します」とし、和美被告は黙秘に転じた。