【産経抄】10月12日 - 産経ニュース

産経抄

10月12日

落語にほとんど縁がなかった松岡修造さんが、テレビ番組で柳家小三治さんにインタビューすることになった。高座に出かけると、たまたま噺(はなし)の本題に入る前の「マクラ」には、テニスの錦織圭選手の試合が取り上げられていた。

▼「本当はここでとどめ刺しゃいいのに、躊躇(ちゅうちょ)して負けちゃう。でもそこがいいね!」。錦織選手の特質を見事にとらえ、しかも心地いい、と感心していた。時には1時間近くも続いてファンを喜ばせたマクラが、何より至芸の域に達していた滑稽噺が、高座で聞けなくなった。

▼人間国宝の柳家小三治さんが7日夜、自宅で急死した。古今亭志ん朝、立川談志亡き後、昭和、平成の落語界を牽引(けんいん)してきた名人は、生涯現役を貫き、来年1月まで予定が入っていた。

ランキング

  1. 【主張】日鉄がトヨタ提訴 中国調達に「死角」ないか
  2. 岸田自民党には容赦ない維新の強気
  3. ファストリの柳井氏「人権侵害容認せず」 ウイグル綿念頭
  4. 台湾・高雄の火災で女性ら取り調べ
  5. 英下院議員 刺されて死亡
  6. 滋賀3区にれいわ擁立 野党共闘崩れ 自民冷ややか
  7. 【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】動き出した南北関係と金与正氏の急昇格
  8. 「徴用工」文氏に対応要請 日韓首脳が電話会談
  9. アディダス契約選手処分 中国、新疆出身で非難殺到
  10. 霊長類研元教授の論文4本を捏造と認定 京都大

メインコンテンツ