9月企業物価6・3%上昇 13年ぶり水準、原油高や木材不足 - 産経ニュース

メインコンテンツ

9月企業物価6・3%上昇 13年ぶり水準、原油高や木材不足

日本銀行本店=東京都中央区
日本銀行本店=東京都中央区

日銀が12日発表した9月の企業物価指数(2015年平均=100、速報)は、前年同月比6・3%上昇の106・4だった。原油や木材価格が上昇したためで、プラスは7カ月連続。指数、伸び率ともに原油高を背景に物価が高まった2008年以来、約13年ぶりの高水準となった。

原油価格の上昇分を製品価格に転嫁する動きのほか、新型コロナウイルス禍からの経済回復が進む米国や中国の木材需要の増加で、国内で木材の供給不足が起きた「ウッドショック」の影響も表れた。

品目別では石油・石炭製品が32・4%上昇したほか、木材・木製品は48・3%上がった。原油価格の上昇の影響が遅れて反映される電力・都市ガス・水道は5・1%上昇し、全体の物価を押し上げた。全744品目のうち、上昇は425品目だった。