トヨタが車載の太陽光発電システム開発へ 産総研と共同で - 産経ニュース

メインコンテンツ

トヨタが車載の太陽光発電システム開発へ 産総研と共同で

トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)

トヨタ自動車は12日、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル実現に向け、産業技術総合研究所、豊田中央研究所と共同で、車載用の太陽光発電システムの開発を始めると発表した。将来的にシステムを搭載した電動車両の普及を目指す。

太陽光発電など再生可能エネルギーの利活用に最先端のノウハウを持つ産総研のデータなどを用いて、太陽電池や太陽光発電システムの変換効率向上と低コスト化を追求する。具体的な計画は今後検討していく。

他に水素を作ったり、安全に低コストで運んだりする技術の開発にも取り組む。将来の再エネの普及や需給の予測にも着手。2050年にカーボンニュートラルの実現を目指す。

トヨタ担当者は「カーボンニュートラルの実現には幅広い協力が必要」と説明し、国内外のパートナーの参加を呼び掛けた。