日本、豪州に競り勝つ 2位以内へ望みつなぐ - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本、豪州に競り勝つ 2位以内へ望みつなぐ

試合に勝利し、喜び合う浅野拓磨(中央右)ら日本イレブン=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)
試合に勝利し、喜び合う浅野拓磨(中央右)ら日本イレブン=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選は12日、各地で第4戦が行われ、B組の日本はオーストラリアに2―1で競り勝った。2勝2敗で勝ち点を6に伸ばし、3勝1敗となったオーストラリアとの差を3に縮めた。自動的に本大会出場権を得られる2位以内へ望みをつなげる勝利となった。

7大会連続のW杯出場を狙う日本は前半に田中(デュッセルドルフ)の代表初ゴールで先制。後半に直接FKで追い付かれたが、浅野(ボーフム)のシュートから勝ち越し点が生まれた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が26位で、オーストラリアが32位。対戦成績は日本の10勝9分け7敗となった。11月には敵地でベトナム、オマーンと対戦する。

最終予選は12チームが2組に分かれてホームアンドアウェー方式で争われ、各組の3位同士の勝者は大陸間プレーオフに回る。