北方領土返還運動シンボルに「奪還」 また落書き - 産経ニュース

メインコンテンツ

北方領土返還運動シンボルに「奪還」 また落書き

「奪還」と落書きされた納沙布岬のモニュメント=12日、北海道根室市(同市提供)
「奪還」と落書きされた納沙布岬のモニュメント=12日、北海道根室市(同市提供)

北海道根室市は12日、北方領土返還要求運動のシンボルとして、納沙布岬に建てられたモニュメントに「奪還」と落書きされたと発表した。13日にも、モニュメントの2カ所にいずれも「奪還」と落書きされているのが見つかり、市が今月7日に塗装などの修復作業を終えていた。道警根室署が器物損壊事件として捜査している。

市によると、新たな落書きは灯火台の台座部分に黄色のスプレーで縦約1・2メートル、横約1・9メートルの大きさで書かれていた。12日午後4時ごろ、モニュメントを管理する資料館「北方館」の職員が発見し、通報した。

また、根室署によると、同日、市内の別の場所の駐車場にも白いスプレーのようなもので「奪還」と書かれた落書きが見つかった。