立民・生方氏が衆院選公認辞退 議員辞職は見送り

北朝鮮による拉致問題をめぐる不適切な発言で、支援組織「救う会」の事務局を訪れて謝罪した生方幸夫衆院議員 =11日午後6時19分、東京都文京区(飯田英男撮影)
北朝鮮による拉致問題をめぐる不適切な発言で、支援組織「救う会」の事務局を訪れて謝罪した生方幸夫衆院議員 =11日午後6時19分、東京都文京区(飯田英男撮影)

立憲民主党の幹部は12日、北朝鮮による日本人拉致被害について「生きている人はいない」などと発言した生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が次期衆院選(19日公示、31日投開票)で内定していた千葉6区での公認を辞退すると明らかにした。立民は公認を見送った。

党幹部は当初、生方氏が議員を辞職し、次期衆院選にも出馬しない意向を固めたとしていた。ただ、衆院は14日に解散される予定のため、議員辞職は見送る。