吉田「首の皮一枚つながった」 終盤に執念の勝ち越し

【サッカーW杯アジア最終予選 日本代表対オーストラリア代表】後半 勝ち越しのゴールが決まり、歓喜する吉田麻也(右)ら日本代表の選手たち=埼玉スタジアム(撮影・福島範和)
【サッカーW杯アジア最終予選 日本代表対オーストラリア代表】後半 勝ち越しのゴールが決まり、歓喜する吉田麻也(右)ら日本代表の選手たち=埼玉スタジアム(撮影・福島範和)

12日に行われたサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選第4戦で、日本はオーストラリアに2―1で競り勝った。

勝利への執念が実った。1-1の後半41分、左サイドで相手DF裏に抜け出した浅野のシュートが相手のオウンゴールを誘った。古橋と伊東が詰めて相手がクリアしきれなかった。泥臭いゴールだった。2勝目をつかみ、主将の吉田は「ホッとした。首の皮一枚つながった」と眉を開いた。

布陣変更で風向きを変えた。森保監督は1トップの後ろにMF3人が並ぶ従来の形から南野、大迫、伊東の3トップにした。これまで2人が担っていた中盤の底には遠藤航1人を配置。最終予選初先発の田中、守田がその前に並び、中盤3人が攻守に走った。長友は「中盤でためができ、ボールを持てる時間が増えた」と効果を実感した。

チームの重心は前方に傾き、多くの選手が攻撃に絡んだ。前半8分には田中のゴールで先制し、主導権を握った。守備でも全員が体を張って敵の攻撃の芽を摘み気持ちを前面に出した。後半25分に追いつかれても諦めず、攻め続けて決勝点を呼び込んだ。

7日のサウジアラビア戦で苦杯をなめた後、選手たちはピッチ内外で会話を重ねた。指揮官は「試合で起こりえる事態を想像し、選手がイメージを共有してくれたことが大きかった」と選手たちを評価した。

勝ち点を6に伸ばした。着実に勝利を積み上げていけば、上位のオーストラリア、サウジアラビアの背中は近づく。「この1勝が日本の勢いになれば。ここで満足している選手は一人もいない」と浅野。7大会連続のW杯出場へ追い風にする。(川峯千尋)

>田中が代表初得点で先制ゴール 「引退覚悟」のプレー