財務次官の「バラマキ合戦」寄稿、閣内に「擁護」と「牽制」

財務省の矢野康治事務次官
財務省の矢野康治事務次官

財務省の矢野康治事務次官が月刊誌で自民党総裁選や衆院選で繰り広げられた経済対策論争を「バラマキ合戦」と批判したことをめぐり、12日の閣議後記者会見では関係閣僚から擁護する声と牽制する声がそれぞれ上がった。

鈴木俊一財務相は、「今回の寄稿は今までの政府の基本方針に反するようなものではない」と矢野氏を擁護。問題となっている財政規律と政策のバランスについては「今後の経済対策、補正予算の編成で与党と連携しながら作業を進めたい」と述べるにとどめた。

一方、山際大志郎経済再生担当相は「コロナ禍で思い切った財政出動が必要であることについて、次官が意見を申したわけではない」との認識を示した。ただ、コロナ禍の現状は「緊急事態」だと前置きした上で、「必要な財政出動は躊躇なく規模も大きなものでやる」と強調し、矢野氏の批判を牽制した。(鬼丸明士)