立民・生方氏が千葉県連代表を辞任

北朝鮮の拉致をめぐる発言で、森裕子参院議員(右)の同行で「救う会」に謝罪した生方幸夫衆院議員=11日午後、東京都文京区(飯田英男撮影)
北朝鮮の拉致をめぐる発言で、森裕子参院議員(右)の同行で「救う会」に謝罪した生方幸夫衆院議員=11日午後、東京都文京区(飯田英男撮影)

立憲民主党の生方(うぶかた)幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)は11日、北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言した責任を取り、同党の千葉県連代表を辞任した。後任は長浜博行参院議員。

同党県連などによると、11日夜に生方氏から県連幹部に対し、発言の撤回と代表辞任の申し入れがあった。