大阪3歳児虐待死、母親の交際相手を殺人罪で起訴へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪3歳児虐待死、母親の交際相手を殺人罪で起訴へ

新村桜利斗ちゃん(知人提供)
新村桜利斗ちゃん(知人提供)

大阪府摂津市のマンションで8月、新村桜利斗(にいむら・おりと)ちゃん=当時(3)=が熱湯をかけられて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された母親の交際相手、松原拓海(たくみ)容疑者(24)について、大阪地検が勾留期限の13日にも同罪で起訴する方針を固めたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

また、遺体の状況などから、桜利斗ちゃんは意識を失った後も数分間にわたって、60度以上の熱湯を浴び続けた可能性が高いことも新たに判明した。

新村桜利斗ちゃんが死亡したマンション=9月、大阪府摂津市
新村桜利斗ちゃんが死亡したマンション=9月、大阪府摂津市

大阪府警は9月22日に松原容疑者を逮捕。松原容疑者は調べに対し「故意に浴びせていない」と容疑を否認していたが、地検は、容疑者が成人でも耐えられないほどの苦痛を桜利斗ちゃんに与えており、行為の危険性が極めて高いことから、殺意の立証は可能と判断したとみられる。