「真の意味で償えるかどうかは彼次第」 池袋暴走事故の遺族 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「真の意味で償えるかどうかは彼次第」 池袋暴走事故の遺族

収容手続きのため、自宅を出る飯塚幸三元被告=12日午後0時4分
収容手続きのため、自宅を出る飯塚幸三元被告=12日午後0時4分

東京・池袋で2019年、乗用車が暴走して母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告(90)が12日、東京拘置所に収容された。健康状態を確認し、刑務所に入る手続きが進められる。

飯塚元被告は支援者を通じ「暴走は私の勘違いによる過失で、ブレーキとアクセルを間違えた結果だったのだと理解した。過失を反省するため刑に服してまいりたい」とのコメントを出した。

東京地裁は9月2日、アクセルとブレーキを踏み間違えた過失が事故原因と認定し、禁錮5年の判決を言い渡した。飯塚元被告は公判で、車の異常が原因として無罪を主張したが、判決後に面会した支援者に「遺族に申し訳ない。判決を受け入れたい」と話し、控訴しなかった。検察側も控訴せず同17日に確定した。

飯塚元被告が東京拘置所に収容されたことを受け、妻子を亡くした松永拓也さん(35)がコメントを発表。元被告が初めて過失を認めたことに「『最初からこの言葉があれば』とどうしても思ってしまう」と明かし、「真の意味で償える日が来るかどうかは彼次第だと思う」とした。