中村ゆり&髙橋ひかる“監督”に初挑戦 新感覚のドラマバラエティー

真剣な表情でモニターをのぞく中村ゆり“監督”(C)フジテレビ
真剣な表情でモニターをのぞく中村ゆり“監督”(C)フジテレビ

女優の中村ゆり(39)と髙橋ひかる(20)が監督に初挑戦する。

フジテレビ深夜の水曜NEXT!「女優監督」で13、20日と2週にわたって放送される。

シアター内で写真撮影に臨む中村ゆり(右)と髙橋ひかる(C)フジテレビ
シアター内で写真撮影に臨む中村ゆり(右)と髙橋ひかる(C)フジテレビ

中村の演出作品は「中学生同士、初めての淡い恋愛」と「恋に興味のない文学少女が突然恋に落ちる物語」。ただ、配役には番組独自のルールがあった。それは…。

「若手の人気男女優一人ずつ、そしてキャリア45年のベテラン俳優・六平直政を起用しなければならない」

六平の名前に驚きを隠せず、「中村組」やディレクターズチェアに「荷が重かった(笑)」と言う中村だが、「監督をやってみて、こんなに“役者さんたちを魅力的に撮ってあげたい”という気持ちになるんだと新鮮だった。でも、思い通りには伝わらない部分もあり難しく、だから余計に監督への尊敬の気持ちが深まった」と話す。

さらに「実はもう一本考えていて、番組では却下されてしまったが(笑)、身寄りのない少年と家庭でひどいことをされている奥さんとのピュアなストーリー」と監督としてイマジネーションを膨らませていた。

14日からスタートする江口のりこ主演の木曜劇場「SUPER RICH」(初回は午後10時8分から15分拡大)に出演する中村。日本生命のCMなど好感度も高く、「今回、何よりうれしかったのは六平さんの懐の深さや魅力を番組でみなさんに知っていただけたこと」と添えた。

一方の髙橋の作品は「新米教師と女子生徒の年の差恋愛」と「新人ADがイケメン俳優に憧れる格差恋物語」。「新たな視点を持たせていただけて勉強になった。最高に楽しかった。監督ってすごい。だって“自己満劇場”ですからね」と初々しい。

その後、2人の完成作品をシアターでシソンヌと若槻千夏が鑑賞する。「こだわりや思いがつまっていて楽しかったし、いろいろな恋愛ドラマで演じてきた女優さんだからこそ作れたキュンキュン。でも、六平さんを入れてくるなんてがっつりバラエティーじゃないか(笑)」などとツッコミも入れながら感想を口にしていた。

「女優監督」の総合演出は、同局の宮木正悟ディレクター。ドラマとバラエティーの現場を両方経験した演出家ならではの新感覚の番組となっている。

13日深夜0時45分、20日同0時25分から関東ローカルでそれぞれ放送される。

(産経デジタル)