三井住友銀で外為取引遅れ システム障害

三井住友銀行は12日、システム障害が発生し、法人向けの外国為替取引の処理に遅れが出たと明らかにした。システムは既に復旧したとしており、影響があった取引件数など詳細は確認中という。

三井住友銀によると、午後0時50分ごろから店頭やインターネットで外貨建て送金などが一時的にできなくなった。機器の故障が原因とみている。