【日本発ロシア点描】低調な領土交渉や経済協力 岸田政権、対露の座標軸は - 産経ニュース

日本発ロシア点描

低調な領土交渉や経済協力 岸田政権、対露の座標軸は

東方経済フォーラムで会談を前に握手する安倍晋三氏(左)とロシアのプーチン大統領=2018年9月、ウラジオストク(古厩正樹撮影)
東方経済フォーラムで会談を前に握手する安倍晋三氏(左)とロシアのプーチン大統領=2018年9月、ウラジオストク(古厩正樹撮影)

日本政府が進めてきたロシアへの経済協力の先行きに不透明感が強まっている。対露関係強化に注力してきた安倍晋三元首相が昨年に政権を去り、新型コロナウイルス禍も相まって菅義偉前首相もロシアへのアプローチを急速に鈍化させていたからだ。ロシアの専門家からは「領土交渉で日本側が期待する成果が出ないなか、日本の対露接近が弱まるのは当然だ」などと冷めた指摘も出ており、岸田文雄首相でもこの流れは変わらないとみられる。

「日本の首相は来ない」

「安倍氏がいくらロシアを訪問し、プーチン大統領と会談しても何の成果も生み出さなかった。プーチン氏と会っても領土問題の解決につながらないことを学んだ菅氏が、ウラジオストクに来ることはないだろう」

ランキング

  1. 容赦ない超ひらパー兄さんコラボ広告の破壊力
  2. ショパン本選に邦人2人 国際ピアノコンクール
  3. 首相、「GoTo」平日利用促進へ
  4. 韓国のドバイ万博は連日のK-POP祭り
  5. 山火事が起きやすい「火災気象」の日が、米国で急増している 研究結果
  6. 【影戦】海外居住者の不動産 納税逃れ横行 幽霊オーナー野放し
  7. ビットコイン採掘「1強」の中国がシェアゼロに 拠点は壊滅

メインコンテンツ