コロナワクチン追加接種を限定的に推奨 WHO - 産経ニュース

メインコンテンツ

コロナワクチン追加接種を限定的に推奨 WHO

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人

世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人に対する「ブースター」と呼ばれる追加接種について、感染を防ぐ抗体が十分にできなかった人に限って、推奨すると発表した。

追加接種についてWHOはこれまで、ワクチン供給が資金力の豊富な高所得国に偏り、発展途上国での接種が進まないことも踏まえ、否定的な見解を示してきた。世界的大流行(パンデミック)の収束に向けて鍵を握るワクチンの公平供給は依然として課題で、今回の追加接種容認も限定的なものとなった。

WHOが緊急使用を承認しているワクチンの中では特に、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)、中国医薬集団(シノファーム)の両ワクチンを接種した60歳以上に対し、2~3カ月後の追加接種を推奨した。両ワクチンが多数接種された中南米で、接種完了者が感染する例が多数発生したことを受けた措置。(共同)