連合会長、立民に「共産の政策ねじ込み」制御求める - 産経ニュース

メインコンテンツ

連合会長、立民に「共産の政策ねじ込み」制御求める

立憲民主党の枝野代表(左)と面会する連合の芳野友子会長=11日午後、国会
立憲民主党の枝野代表(左)と面会する連合の芳野友子会長=11日午後、国会

連合の芳野友子会長は11日夕、立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会談し、連合が推薦する立民候補の陣営で共産党が政策をねじ込もうとする動きが地方から報告されているとして「コントロールしてほしい」と要請した。枝野氏は「連合に迷惑をかけないように地域で徹底していく」と応じた。会談後、芳野氏が記者団に明らかにした。

立民は衆院選で政権交代を実現した場合、「限定的な閣外からの協力」を得ることを共産と合意。芳野氏は7日の就任記者会見で、立民候補の陣営で「合意を盾に共産側がさらなる政策をねじ込もうとする動きがある」と指摘していた。連合と共産は歴史的に対立関係にある。