IOC五輪招致担当にクロアチア前大統領

国際オリンピック委員会(IOC)は11日、今後の五輪やユース五輪の開催地選定を担当する「将来開催地委員会」の夏季大会委員長に、IOC委員を務めるクロアチアのコリンダ・グラバルキタロビッチ前大統領を任命したと発表した。クリスティン・クロスターオーセン委員長(ノルウェー)がIOC理事就任に伴って、利益相反の防止で退任したため。

同委員会は招致に関心を示す都市を調査し、理事会に答申する。夏季五輪は2032年のブリスベン開催まで決まっている。(共同)