ブライト健太、中日1位に笑み ドラフト会議 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ブライト健太、中日1位に笑み ドラフト会議

中日から1位指名を受け、記者会見する上武大のブライト健太外野手=11日、群馬県伊勢崎市
中日から1位指名を受け、記者会見する上武大のブライト健太外野手=11日、群馬県伊勢崎市

11日のドラフト会議で中日から1位指名を受けた上武大のブライトは名前が呼ばれると表情を緩め、何度か頭を下げた。「まさか1位指名されると思っていなかったのでうれしく思う」と笑みを浮かべた。

都立高出で甲子園大会には縁がなかった。大学でも3年生まで好結果が残せない日々が続いたというが、変化球に対する対応力が高まり、持ち前の身体能力に技術も備わったことで4年生での飛躍につながった。

プロの世界では謙虚に課題と向き合う決意だ。「自分の実力ではまだまだ活躍できない。地に足を着けて一日一日を過ごしていきたい」と気を引き締めた。

父親がガーナ人、母親が日本人で、幼少期は苦労したこともあった。「ハーフの子にも夢を与える選手になりたい」と穏やかに話した。

>12球団の交渉権獲得選手一覧