東京都、副知事2人交代へ 感染対策強化で刷新 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京都、副知事2人交代へ 感染対策強化で刷新

記者会見する東京都の小池百合子知事=8日午後、東京都庁
記者会見する東京都の小池百合子知事=8日午後、東京都庁

東京都の小池百合子知事が副知事4人のうち多羅尾光睦(たらお・みつちか)氏と梶原洋氏の2人を退任させる方向で調整していることが11日、関係者の話で分かった。黒沼靖総務局長と潮田勉財務局長が後任となる見込み。人事案を開会中の都議会第3回定例会に提出し、同意を求める。

多羅尾氏は平成30年、梶原氏は令和元年にそれぞれ副知事に就任。主に新型コロナウイルス感染対策などを担当した。

都内の感染者数が減少傾向にある現状や、両副知事とも在任期間が2年を超えたことなどを踏まえ、都庁内では感染拡大の「第6波」を想定し、感染対策強化に向けた体制の刷新を求める声が上がっていた。

4人の副知事のうち、武市敬氏と、IT大手「ヤフー」元会長の宮坂学氏は留任となる見込みだという。