JR東の変電所火災、侵入形跡なし 機器異常が原因か - 産経ニュース

メインコンテンツ

JR東の変電所火災、侵入形跡なし 機器異常が原因か

火災のあったJR東日本の変電所=10日午後、埼玉県蕨市(近隣住民提供)
火災のあったJR東日本の変電所=10日午後、埼玉県蕨市(近隣住民提供)

JR東日本の蕨交流変電所(埼玉県蕨市)の火災により停電が発生し、首都圏の在来線が運転を見合わせたトラブルで、当時変電所内は無人で、施設の出入り口と、火元とみられる機材置き場は施錠されていたことが11日、県警やJR東への取材で分かった。部外者が侵入した形跡はなく、JR東は「機器の何らかの異常が原因とみられる」と説明している。

JR東によると、蕨交流変電所は同社の基幹的な変電所の一つ。発電所からの電気を近隣の複数の変電所に中継し、首都圏を走る各路線に電気を送っている。作業上のミスは確認されていない。首都圏で7日深夜に最大震度5強を観測した地震との関連性は「不明」としている。

火災は10日午後に発生。停電で山手線や京浜東北線、埼京線など10路線が運転を見合わせ、利用客約23万6千人に影響した。