女子高校生殺害、群馬の20代夫婦を起訴 東京地検 - 産経ニュース

メインコンテンツ

女子高校生殺害、群馬の20代夫婦を起訴 東京地検

東京都墨田区の女子高校生(18)の遺体が山梨県内の小屋で見つかった事件で、東京地検は11日、女子高校生を殺害したなどとして、殺人と銃刀法違反の罪で、群馬県渋川市の無職、小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)を起訴した。

起訴状によると、2人は8月30日、山梨県内の小屋で女子高校生の首をロープで絞めた上、背中をナイフ(刃渡り約19センチ)で複数回突き刺して殺害したなどとしている。

2人は8月28日に女子高校生を車で迎えに行って話し合い、渋川市の自宅で1泊。翌日夜に車で出発し、30日ごろに小屋に到着したとみられる。警視庁は31日に死体遺棄容疑で2人を逮捕。9月20日に殺人容疑で再逮捕した。

警視庁によると、小屋から見つかったナイフに付いた血痕から、女子高校生のDNA型が検出された。小森被告は約2年前にツイッターで女子高校生と知り合い、和美被告に嫉妬されたと供述していたという。