北京で安藤忠雄展開幕  50年の足跡たどる

11日、安藤忠雄さんの展覧会で、作品の模型を見る来場者ら=北京(共同)
11日、安藤忠雄さんの展覧会で、作品の模型を見る来場者ら=北京(共同)

世界的な建築家、安藤忠雄さんの50年余りにわたる足跡をたどる大規模展覧会の開幕式が11日、北京で行われた。代表的な建築物を実物大で再現した展示が目玉。安藤さんはオンラインで出席し、中国の建築界が世界へ発信力を強めるよう声援を送った。

「光の教会」(大阪府茨木市)、「水の教会」(北海道占冠村)、「瞑想空間」(パリ)の3作品を実物大で再現し、実際に訪れたかのような感覚を味わえるようにした。他にも日本、中国を含む世界中の作品を模型や写真で紹介した。

11日、安藤忠雄さんの展覧会で、実物大で再現された円筒形の「瞑想空間」=北京(共同)
11日、安藤忠雄さんの展覧会で、実物大で再現された円筒形の「瞑想空間」=北京(共同)

開幕式には北京の建築関係者らが参加。安藤さんは、国際社会で中国の存在感が増す中「建築に関してビジネスだけでなく文化の面でも中国からの発信が増えてほしい」と期待感を示した。(北京共同)