栃木県知事次男に公民権停止2年判決 宇都宮簡裁

福田富一知事が当選した昨年11月の栃木県知事選で、告示前に投票を呼び掛ける文書を配ったなどとして公選法違反罪(法定外文書頒布、事前運動)に問われた元宇都宮市議で知事の次男、福田陽被告(37)に、宇都宮簡裁は11日、求刑通り罰金20万円の判決を言い渡した。公民権停止は2年とした。検察側は停止5年を求めていた。

判決理由で細谷和信裁判官は、争点の共謀関係について、福田被告が自らの意思で文書の文案作成に関わり、宇都宮市議会の桜井啓一前議長(59)=同罪で罰金30万円、公民権停止3年の判決=らとの共謀が認められると指摘。弁護側が「ほう助にとどまる」とした主張を退けた。

一方で「買収などに比べ悪質性は低く、不用意に犯行に及んだ」として停止期間を短縮した。

宇都宮簡裁は今年5月、罰金20万円、公民権停止3年の略式命令を出したが、福田被告は「停止期間が長い」として正式裁判を請求していた。