「猛虎伝」音声で配信 昭和60年阪神優勝を回顧 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「猛虎伝」音声で配信 昭和60年阪神優勝を回顧

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)を前に、産経新聞社は昭和60年の阪神優勝への道のりを描いた音声ドキュメントの配信を11日から始めた。産経新聞グループのサービスを便利に利用できる産経iDに無料登録すれば、ニュースサイト「産経ニュース」で無料で聞くことができる。

>音声ドキュメント「猛虎伝」

阪神担当だった田所龍一編集委員の執筆で、平成27~28年に産経新聞大阪夕刊に連載された「猛虎伝―昭和60年『奇跡』の軌跡」を再構成。落語家の笑福亭羽光さん、俳優の内田健介さん、女優の相川由里さんがナレーションを務める。

吉田義男監督の誕生秘話から、甲子園バックスクリーン3連発、広島との死闘、日航機墜落事故による球団社長死去の衝撃、そして栄光の瞬間などがトラ番記者の目線でよみがえる。全20話で、毎週月曜に5話ずつ配信する。


21年ぶりのリーグ優勝を決め、胴上げされる阪神の吉田義男監督 =昭和60年10月16日、神宮球場
21年ぶりのリーグ優勝を決め、胴上げされる阪神の吉田義男監督 =昭和60年10月16日、神宮球場