風間球打、ソフトバンクの単独1位指名に「目標は160キロ」

ソフトバンクの帽子をかぶり投球ポーズをとるノースアジア大明桜高・風間球打=秋田市(撮影・斎藤浩一)
ソフトバンクの帽子をかぶり投球ポーズをとるノースアジア大明桜高・風間球打=秋田市(撮影・斎藤浩一)

11日に行われたプロ野球のドラフト会議で、ノースアジア大明桜(秋田)の風間球打投手がソフトバンクから単独1位指名された。この日は18歳の誕生日。「(名前を)呼ばれた瞬間はすごくうれしかった。ソフトバンクでやらせてもらう」と直後の記者会見で決意表明した。

高校で指名を見届けた最速157キロ右腕。ドラフト会議前の授業中は「時間が近づくにつれてすごく緊張した」と運命の瞬間を待っていたという。対戦したい打者に挙げていた強打者の柳田悠岐もいる4年連続日本一のソフトバンクの印象を「個々の力がすごく高いチーム」と語り、「日本一に貢献できる投手になりたい」と意気込んだ。

「高校ビッグ3」の一角でドラフト前は全12球団と面談した。183センチ、84キロの恵まれた体格から繰り出す直球が最大の武器で、今夏の甲子園では150キロ台を連発。2年途中から本格的に意識したプロへ「1位で行きたい」と思いを強くし、この日を迎えた。

プロでは「160キロ」を目標に掲げる直球に磨きをかけ、課題の制球力や変化球の精度を高める。「1年目から1軍で投げて、新人王を取りたい。5、6年後には沢村賞を取りたい」。工藤監督から「日本を代表するような選手になってほしい」と期待された大器は高い志を胸に、プロの門をたたく。(田中充)

>12球団の交渉権獲得選手一覧