阪神2位の鈴木勇斗、ヤクルト村上との対戦希望 ドラフト会議 - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

阪神2位の鈴木勇斗、ヤクルト村上との対戦希望 ドラフト会議

阪神がドラフト2位で交渉権獲得した創価大の鈴木勇斗=創価大学(撮影・松永渉平)
阪神がドラフト2位で交渉権獲得した創価大の鈴木勇斗=創価大学(撮影・松永渉平)

創価大の鈴木は11日、阪神に2位指名された。鹿児島県出身で、鹿屋中央高では甲子園大会出場を逃したものの、大学で150キロ超の速球で攻める本格派に成長。時折声を詰まらせつつ「大学で一から頑張った。諦めなくて良かった」と喜んだ。

今年の春季リーグは野球部内で新型コロナウイルスの感染者が出たため辞退したが「トレーニングに時間をかけ、体が大きくなった。春よりも強くなっている」と強調する。プロでは同じ九州生まれで、同学年の村上(ヤクルト)との対戦を希望し「どこまで真っすぐが通用するか試してみたい」と意気込んだ。

>12球団の交渉権獲得選手一覧