維新・馬場幹事長、生方氏発言「言語道断」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

維新・馬場幹事長、生方氏発言「言語道断」

立憲民主党の生方幸夫衆院議員
立憲民主党の生方幸夫衆院議員

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は11日の党会合で、立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例代表南関東ブロック)が北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したことについて「言語道断だ。国会議員という立場の人間が、確証もないことを堂々と一般の方がいる中で発言することに怒りを覚えている」と批判した。

その上で「改めて立憲民主党という政党は、日本には要らないと申し上げておきたい」と訴えた。

また、馬場氏は衆院拉致問題特別委員会の開催実績が乏しいことを念頭に「国会には拉致特という特別委員会もあるが、全く機能していない。本当に子を思う親の心、きょうだいを思う人間的な心が国会議員の中にもあれば、真剣に次の国会からは拉致の問題に取り組んでいく(べきだ)」との考えを示した。

「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議