海鳥52%から化学物質検出、プラスチック摂取か 世界16カ所調査 - 産経ニュース

メインコンテンツ

海鳥52%から化学物質検出、プラスチック摂取か 世界16カ所調査

海鳥の胃から見つかったプラスチック片の例。今回の調査地点に近い、南大西洋の島の海鳥から確認された(ケープタウン大のピーター・ライアン博士提供(C)Peter Ryan)
海鳥の胃から見つかったプラスチック片の例。今回の調査地点に近い、南大西洋の島の海鳥から確認された(ケープタウン大のピーター・ライアン博士提供(C)Peter Ryan)

世界各地の海鳥の52%からプラスチックに添加剤として加えられる化学物質を検出したと、東京農工大や北海道大などの国際チームが11日、環境化学の専門誌に発表した。高田秀重・東京農工大教授は「プラスチックによる海鳥の汚染が、地球規模で広がっている。生物の体内に蓄積せず、毒性が低い添加剤への転換が急務だ」と指摘している。

国内外の18の大学・研究機関が世界16カ所で共同調査し、32種の海鳥計145羽について、尾羽の近くの器官から分泌される「尾腺ワックス」という脂肪を分析。このうち52%に当たる76羽から、プラスチックを燃えにくくしたり、紫外線による劣化を防いだりするための添加剤が検出された。胃の中にプラスチック片が見つかったケースもあった。

チームは、今回分析した海鳥のうち最大30%が、プラスチックの摂取によって体内の添加剤濃度が上がったと推定。それ以外は、魚など食物経由で添加剤を摂取したとみている。