千葉県職員 賞与2年連続減 月給は据え置き - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉県職員 賞与2年連続減 月給は据え置き

千葉県人事委員会は11日、県職員の令和3年度の期末・勤勉手当(賞与に相当)を0・15カ月分引き下げるように勧告した。年間で4・30カ月分となる。月給は民間企業との差が極めて小さいとして据え置いた。期末・勤勉手当の引き下げと月給の据え置きは、いずれも2年連続。背景には、新型コロナウイルスの影響による民間企業の賞与減などがある。

勧告通り実施されると行政職(平均年齢39・1歳)の平均年収は5万4852円減の586万4443円となる。人件費は約39億円減少する。

勧告を受け取った熊谷俊人知事は「内容をしっかりと検討し、適切に対処していきたい」とのコメントを出した。