パチスロ賭博疑い2人逮捕 1億7千万円売り上げか - 産経ニュース

メインコンテンツ

パチスロ賭博疑い2人逮捕 1億7千万円売り上げか

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

警視庁保安課は11日、パチスロ機を使った常習賭博の疑いで東京都新宿区歌舞伎町の店舗「バカボン」の責任者、荒木孝弘容疑者(51)=同区百人町=と従業員、真仁田洋平容疑者(34)=同区若松町=を現行犯逮捕したと発表した。昨年6月ごろから約1億7千万円を売り上げたとみられる。

保安課によると、家宅捜索でパチスロ機47台などを押収。このうち35台はギャンブル性が高く、使用が規制されている「4号機」と呼ばれるパチスロ機だった。客引きや常連客の紹介などで入店でき、約3千人の会員がいたとみられる。

逮捕容疑は今月6日夜、歌舞伎町の店舗でパチスロ機を使って賭博をしたとしている。

保安課は、店内にいた客の20~30代男女12人も賭博容疑で現行犯逮捕した。逃走の恐れがないことなどから7日に釈放し、任意で調べている。