鎌倉市長選告示 現新3氏の争い - 産経ニュース

メインコンテンツ

鎌倉市長選告示 現新3氏の争い

任期満了に伴う神奈川県鎌倉市長選は10日、告示され、いずれも無所属で、新人で会社員の兵藤沙羅氏(46)▽4選を目指す現職の松尾崇氏(48)▽新人で元市議の中沢克之氏(55)-の3人が立候補した。

兵藤氏は、新型コロナウイルス対策に関する情報発信強化や市議会への女性の参画推進を掲げ、市民主体の市政を目指す。

松尾氏は、市役所移転や深沢地区の再開発は継続して行うとして、「12年の経験をもう4年、さらに生かしたい」と訴える。

中沢氏は、女性副市長の公募など、多様化の時代における市政改革を掲げ、「持続可能なまちづくりを目指す」と主張する。

投票は17日で、即日開票される。