遊園地転落事故 重傷者2人に ほかに4人が軽傷 - 産経ニュース

メインコンテンツ

遊園地転落事故 重傷者2人に ほかに4人が軽傷

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

兵庫県加東市黒谷の遊園地「東条湖おもちゃ王国」で10日、立体迷路施設の3階の床が抜け落ち7人が転落した事故で、新たに女性(27)が腰の骨を折るなどの重傷を負っていたことが、兵庫県警加東署などへの取材で分かった。すでに男性(24)の骨折も判明しており、重傷は2人となった。

また、この2人のほかに、7~38歳の男女4人が軽傷。重傷を負った男性の娘(1)は、転落したものの男性が抱きかかえていたため、けがはないという。

同署によると、同日午後2時15分ごろ、「迷路の床が抜けて客が転落した」と従業員から119番があった。木造5階建ての「カラクリ迷宮のお城」で、3階部分の床板が長さ約2メートル、幅約1メートルにわたり抜け落ち、7人が約2・4メートル下の2階に転落したという。同署が詳しい状況や原因を調べる。