東京で60人感染、今年最少 新型コロナ

東京都庁第一本庁舎
東京都庁第一本庁舎

東京都は10日、新型コロナウイルスの感染者が新たに60人報告されたと発表した。2日連続で今年最少を更新し、日曜日として100人を下回ったのは昨年6月28日以来。40~90代の男女7人の死亡も確認された。

直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は114・7人に減少し、前週比は55・6%。前日と比べ、入院患者は13人減り602人、うち重症者は1人減の67人となった。

死者のうち、40代男性は8月27日、自宅療養中に死亡。90代女性と70代男性はワクチンを2回接種した後に亡くなった。

累計は感染者が37万6776人、死者が3028人となった。

都内の新規感染者数は今夏のピーク時から大幅に減少しており、入院患者数や自宅療養者数も改善に向かっている。