【書評】『解きたくなる数学』佐藤雅彦、大島遼、廣瀬隼也著 - 産経ニュース

メインコンテンツ

書評

『解きたくなる数学』佐藤雅彦、大島遼、廣瀬隼也著

中学生以上を対象とする数学問題集。数学嫌いになる原因の一つに文章題への苦手意識があるが、本書では問題を写真とグラフィックで表現し、問題の意味がひと目で分かるよう工夫している。

例えば、チョコレートケーキとその上に飾られたプレートを、いずれも半分になるように切るにはどうナイフを入れるか。ほかにもチーズを切り分けたり、小銭を並べたりと身近なもので表現しているので親しみやすい。

「ピタゴラスの定理」や「鳩の巣原理」といった数学の考え方を楽しく学べる。数学をやり直したい社会人にもおすすめ。(岩波書店・1980円)