「核の闇市場」で北朝鮮に核技術 カーン博士死去 - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

「核の闇市場」で北朝鮮に核技術 カーン博士死去

アブドルカディル・カーン博士(ロイター=共同)
アブドルカディル・カーン博士(ロイター=共同)

【シンガポール=森浩】北朝鮮やイランに核兵器開発技術を提供した「核の闇市場」を構築したアブドルカディル・カーン博士が10日、パキスタンの首都イスラマバードで死去した。85歳だった。地元メディアが伝えた。

カーン氏は1936年、英領インドに生まれ、その後に成立したパキスタンに移住した。70年代にオランダでウラン濃縮会社に勤務したが、遠心分離機の技術などを持ち出して、パキスタンに帰国。核開発の責任者となり、98年にはイスラム圏で初の核実験に成功した。

一方で、イランやリビア、北朝鮮に核兵器開発用の設計図、部品などを供与していたことが2003年に発覚。国際的な「核の闇市場」の存在は核不拡散体制を揺るがした。

カーン博士は04年に技術供与を認め、「全責任は自分にある」と謝罪。パキスタン政府や軍の関与はなく、供与は「個人的な動機」という形で幕が引かれた。

晩年はイスラマバードの自宅で当局による事実上の監視下に置かれていた。地元メディアによると、今月9日夜に体調を崩し、10日朝に病院に搬送された。

パキスタン国内では「核開発の父」として人気が高く、イムラン・カーン首相は10日、ツイッターで「私たちが核兵器国になるため多大な貢献をした。国の象徴だ」とたたえた。