堅守のINAC神戸が日テレ東京V下し首位キープ - 産経ニュース

メインコンテンツ

堅守のINAC神戸が日テレ東京V下し首位キープ

サッカー女子のYogibo WEリーグ序盤戦の大一番、INAC神戸-日テレ東京Vが10日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームのINAC神戸が日本代表GK山下を中心とした堅い守りで日テレ東京Vの攻撃を封じ、1-0で勝って開幕からの連勝を4に伸ばした。

足元の技術が高い選手が多く、前半からボールを保持して攻め込む日テレ東京Vに対し、3-4-3の布陣を敷くINAC神戸は最終ラインの3人に両ワイドの杉田、伊藤も戻って守備に奔走。「(ボールを)動かされるのは想定していたが、動かされすぎたのは想定外」と星川監督が振り返るほどの防戦で、中盤でこぼれ球もなかなか拾えなかったが、体を張った守りでゴールを許さない。

一方、カウンター主体の攻撃も前半から何度か好機を演出しながら、なかなか得点を決めきれない。もどかしい展開が続く中、指揮官は後半途中から3トップのポジションを変更。後半31分、左から右に移った高瀬が遠目から果敢にゴールを狙ったシュートが決まり、均衡を破った。

「相手はうまかったが、勝てたことがうれしい」と山下。高瀬は「タフな試合だったが、チャンスを決めきろうと話をしていた。1-0で終われてよかった」と笑顔を見せた。

これで4試合を終えて10得点無失点の首位。WEリーグ初代女王に向け、着実に歩みを進めている。(北川信行)