立大、法大下しポイント4 東京六大学野球第4週 - 産経ニュース

メインコンテンツ

立大、法大下しポイント4 東京六大学野球第4週

【東京六大学野球 法政対立教】勝利した立教ナイン=神宮球場(桐原正道撮影)
【東京六大学野球 法政対立教】勝利した立教ナイン=神宮球場(桐原正道撮影)

東京六大学野球リーグ第4週第1日は9日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、立大が法大に8―3で快勝し、4勝1敗のポイント4とした。法大は新型コロナウイルス感染者が多数出た影響で今季初戦だった。明大は東大を9―0で下して1勝2分けのポイント2。東大は同1のまま。

一回に先制された立大はその裏に逆転し、四回に4番東の適時二塁打などで3点を追加。法大はエース三浦が4回で降板した。明大は計14安打を放ち、着実に加点。竹田が7回を4安打に抑えて通算10勝目を挙げた。