大阪の商店街で火災、4棟焼ける 1遺体発見

九条商店街の火災で現場に集まる人ら=9日午前8時1分ごろ、大阪市西区(須谷友郁撮影)
九条商店街の火災で現場に集まる人ら=9日午前8時1分ごろ、大阪市西区(須谷友郁撮影)

9日午前6時40分ごろ、大阪市西区九条の九条商店街にある木造3階建ての呉服店兼住宅で、「建物が燃えている」と近くにいた男性から119番があった。大阪市消防局によると、火は約2時間半後にほぼ消し止められたが、隣接するパチンコ店にも燃え移るなど4棟約1200平方メートルが焼損。大阪府警によると、出火元とみられる住宅の3階からは性別不明の遺体が見つかった。住宅は2人暮らしでこのうち男性(75)と連絡が取れていないという。

現場は大阪メトロ九条駅から南東約200メートルの飲食店や遊戯施設などが立ち並ぶアーケード商店街。

市消防局によると、消防車41台、ヘリコプター1台が出動した。一帯には煙が高く上がり、駆け付けた地域住民や商店街の関係者らが不安そうに消火活動を見守った。

現場近くで中華料理店を営む関直人さん(42)は「出火直後に見に行くと、アーケードの一部が燃え落ちていた。かなり燃えていて、自分の店にまで燃え移らないか心配になった」。近くに住む主婦の三浦京美さん(68)は「過去にも近くで火事があり延焼被害を受けた。貴重品をまとめていつでも避難できるようにしていたが、火事は怖いし、心配。逃げ遅れた人がいなければよいが」と声を震わせていた。