アマゾンの「Fire HD 10」は最高のタブレット端末、ただし2万円以下で選ぶ場合に限る 製品レビュー(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

アマゾンの「Fire HD 10」は最高のタブレット端末、ただし2万円以下で選ぶ場合に限る 製品レビュー

このほど改良されたアマゾンの「Fire HD 10」は、多くのユーザーにとっては十分な性能を備えた安くてパワフルなタブレット端末だ。しかも使い方によっては本格的な仕事にも十分に使えるレベルにまで進化している──。『WIRED』US版によるレビュー。

TEXT BY SCOTT GILBERTSONTRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(US)

アマゾンの「Fire HD 10」は、人生において最高のタブレット端末というわけではない。むしろほど遠いだろう。しかし、Fire HD 10は安くてそこそこパワフルで、多くのユーザーにとって十分な性能を備えている。

アマゾンが21年に10.1インチサイズのFire HD 10に加えた改良は、同社が20年に8インチの「Fire HD 8」に加えた改良とよく似ている。この改良によって、Fire HD 10には2つのモデルができた。RAMが3GBの標準モデルと、RAMが4GBの「Plus」だ。

またアマゾンは「エッセンシャルセット」という名でセット販売もしている。これは3GB RAMモデルのFire HD 10に、Bluetoothキーボード付きカバー、「Microsoft 365 Personal」の1年版が含まれている(Microsoft 365 Personalのサブスクリプションは、キャンセルしない限り自動的に継続される)セットだ。エッセンシャルセットにはFire HD 10版(RAMは3GB)と、Fire HD 10 Plus版(RAMは4GB)の2種類が用意されている。

つまり、アマゾンはFire HD 10を「本格的に仕事ができるデバイス」と位置づけているのだ。そして驚くべきことに、グーグルのアプリを使わない限り、これは本当である。

Fire HD 10はいまだにアマゾンの「Fire OS」という足かせをはめられているので、Google Play ストアにある多数のアプリを利用できない。だが、こうした欠点を踏まえても、キーボードが使えて画面も改良された新しいFire HD 10は、まるでネットブックのように小型で安価でどこにでも持ち運べる有能なデバイスになっている。

小さな高性能デバイス

新しいFire HD 10は四方すべてのベゼル(画面の枠)の幅が均一になったが、それ以外の外観はあまり変わっていない。ディスプレイは以前と同じ1,080pの10.1インチで、アマゾンは19年モデルよりも10%明るくなったと主張している。実際に新旧モデルを並べて比較することはできなかったが、Fire HD 10を明るい太陽光の下で使っても何の問題もなかった。画面は驚くほど素晴らしいとは言えないものの、ウェブサイトを閲覧したり動画を観たりといった普段通りの使い方をするぶんには何の問題もない。

RAMの容量が増えていることはすぐにわかる。以前のようにスクロールでイライラさせられることがなくなったり、アプリもサクサクと起動する。作業中に画面が止まったり、明らかな遅れが生じたりすることもない(ローエンドのAndroidタブレットではいつもこうした現象に苦しめられていたのだ)。20年の8インチモデル同様、このアップデートでついにFire HD 10はローエンドデバイスを使っていることを忘れてしまうほど高速になったと言える。

バッテリー持続時間は約12時間のままだ。ただし、もちろんこれは何をするかで変わってくる。映画を連続してストリーミングすれば、ウェブサイトを閲覧しているだけのときに比べてバッテリーの減りは速い。だがそれでも、はるかに高価な競合製品と同程度だ。