サウジ連盟から謝罪 W杯最終予選で吉田に差別的言動 - 産経ニュース

メインコンテンツ

サウジ連盟から謝罪 W杯最終予選で吉田に差別的言動

サウジアラビアに敗れ、厳しい表情の吉田(左)と、うつむく古橋=ジッダ(共同)
サウジアラビアに敗れ、厳しい表情の吉田(左)と、うつむく古橋=ジッダ(共同)

日本サッカー協会の須原清貴専務理事は9日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア―日本(7日・ジッダ)後に吉田麻也(サンプドリア)が相手サポーターの差別的な言動に憤った件で、サウジアラビア連盟から謝罪があったと明かした。

サウジ連盟は問題の場面を確認し、会長らが吉田に会場で直接謝罪していた。8日には日本協会に「ファンも含めた日本サッカー界全体への真摯な謝罪」が届き、当該サポーターへの処分を確約したという。吉田は謝罪を受け入れ、須原専務理事は「これ以上の大きなアクションは想定していない」と説明した。