辛亥革命110年で大会、中国、習主席が演説

北京の人民大会堂で開かれた辛亥革命110周年記念大会。上は孫文の肖像画=9日(共同)
北京の人民大会堂で開かれた辛亥革命110周年記念大会。上は孫文の肖像画=9日(共同)

中国で清朝が倒された辛亥(しんがい)革命の発端となった武装蜂起から10日で110年となるのを前に、北京の人民大会堂で9日、辛亥革命110周年記念大会が開かれる。習近平国家主席が演説。民族の団結を訴えて愛国心を刺激し、台湾統一への決意を誇示する構えだ。

台湾問題をめぐっては米中両国の軍事的緊張が高まっている。習氏は演説で、外部勢力の干渉や台湾独立勢力を牽制(けんせい)するメッセージを打ち出す可能性がある。

辛亥革命を主導した孫文は中国と台湾の双方で尊敬を受けている。中国の歴代指導者は革命を記念する節目の年に、祖国統一が孫氏の願いだとして台湾問題の解決を訴えてきた。(共同)