イラン初代大統領死去 バニサドル氏、革命で就任 - 産経ニュース

メインコンテンツ

イラン初代大統領死去 バニサドル氏、革命で就任

アボルハサン・バニサドル氏
アボルハサン・バニサドル氏

1979年のイラン革命後、初代大統領を務めたアボルハサン・バニサドル氏が9日、パリの病院で死去した。88歳。家族の声明などによると、病気で療養していた。81年に失脚し、フランスで反体制活動に取り組んでいた。

33年、イラン西部ハマダン生まれ。学生時代にテヘランで当時の王制に抗議するデモに参加し、投獄され、フランスに亡命した。イラン革命を率いたホメイニ師(89年死去)の側近の一人となり、79年の王制崩壊後に帰国。80年、革命体制下で初代大統領に就任した。

しかし革命体制を主導する聖職者勢力との路線対立が深まり、81年に解任された。その後フランスに亡命。革命で誕生した、イスラム聖職者による政教一致の支配体制を批判する発言を続けていた。(共同)