産経抄

10月9日

衆院本会議で所信表明演説に臨む岸田文雄首相=8日午後、衆院本会議場(矢島康弘撮影)
衆院本会議で所信表明演説に臨む岸田文雄首相=8日午後、衆院本会議場(矢島康弘撮影)

「経済安全保障など新しい時代の課題に、果敢に取り組んでいく」。岸田文雄首相は8日の所信表明演説で訴え、わが国の独立と生存、繁栄を経済面から確保する経済安保を推進する法案策定も約束した。すでに経済安保担当相も新設しており、岸田内閣の看板政策である。

▼コロナ禍で瞬く間にマスク不足に陥るなど、日本のサプライチェーン(供給網)の脆弱(ぜいじゃく)さは深刻で、岸田首相の方針は時宜を得ている。8日の小紙「正論」欄では、評論家の江崎道朗氏がこう指摘していた。「『軍事力を使わない戦争』、つまり経済を使った脅威が高まっている」

▼政府が国家安全保障局に経済班を発足させたのは令和2年4月、安倍晋三内閣のときである。当時、国家安全保障局長だった北村滋氏は9月に出版した著書『情報と国家』で述べる。「現在の戦争は経済、科学技術、情報、サイバーを武器とする見えにくい領域へと拡張しています」

ランキング

  1. ワクチン3回目接種は全員が対象 厚労省分科会

  2. 〈独自〉山崎拓氏の除名求める申し入れ書を提出 自民前職

  3. 市長、議会でいじめ認める 北海道旭川の中2女子死亡

  4. 「反日種族主義」の韓国人研究者、徴用工訴訟は「韓国単独で解決すべきだ」

  5. 衆院選選挙区終盤情勢③近畿 東海

  6. 【経済♯word】#メタバース もう一つの世界 将来も予測

  7. 日立、最終利益が過去最高

  8. 山崎拓氏「小選挙区は辻元清美、比例は自民」

  9. 衆院選選挙区終盤情勢②東京 南関東 北陸信越

  10. 衆院選選挙区終盤情勢④中国 四国 九州