自動販売機から「牛タン」 仙台らしくと好評 安心感も(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

自動販売機から「牛タン」 仙台らしくと好評 安心感も

いつでも気軽に牛タンが買えると好評の自動販売機=仙台市若林区(石崎慶一撮影)
いつでも気軽に牛タンが買えると好評の自動販売機=仙台市若林区(石崎慶一撮影)

食肉の加工・卸販売会社「バリューライフ」(仙台市若林区)が、冷凍牛タンを自動販売機で販売する事業を展開し、話題を呼んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く中、非接触型の自販機販売は24時間いつでも安心して牛タンが購入できることから、消費者にも好評だという。

コロナ禍で非接触に着目

同社は飲食店事業の一環として、令和元年に同市泉区で居酒屋「牛たん伝説 和顔(わげん)」を開店。だが、新型コロナの感染拡大の影響で翌2年に店は休業に追い込まれ、当初計画していた2号店出店も断念した。

そこで、飲食店に代わり、消費者に直接商品を届ける事業を模索。コロナ禍の中、非接触が可能な自販機に着目し、零下20度での保存が可能な新型の冷凍自販機の導入を決めた。

7月中旬に味付きの牛タンと焼き肉用牛肉が並ぶ自販機を同市内に初めて設置。設置場所を徐々に増やし、10月1日時点で同市内を中心に11カ所、12台が稼働している。予測の約2倍を売り上げる自販機もあったといい、今後、100台の設置を目標にしている。

お得感のある価格実現

自販機には「牛たん切り落としねぎ塩味」(240グラム)、「牛ハラミ塩」(220グラム)など500円の商品のほか、上質の部位を使った「極芯牛たんうま味噌(みそ)」(125グラム)など1千円の商品を用意。計8~10種類をそろえている。