米国で家庭向け発電機大売れ、災害備え - 産経ニュース

メインコンテンツ

米国で家庭向け発電機大売れ、災害備え

米ジェネラックの家庭向け非常用発電機(同社提供・共同)
米ジェネラックの家庭向け非常用発電機(同社提供・共同)

米国で家庭向けの非常用発電機が売れに売れている。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えて注目された上、異常気象による災害の多発により、一戸建て住宅などのバックアップ電源として需要が高まったためだ。米発電機大手ジェネラックは生産が追いつかず、納入まで約7カ月待ちの状態になっている。(共同)

米ジェネラックの家庭向け非常用発電機(同社提供・共同)
米ジェネラックの家庭向け非常用発電機(同社提供・共同)

米メディアによると、昨年の停電は383件と、2016年の約2・7倍だった。電力網の老朽化が重なり、復旧作業が難航するケースも目立つ。

ジェネラックの非常用発電機は住宅の外に設置。LPガスなどを動力源とし、停電になると自動的に電気の供給を開始する。

米発電機大手ジェネラックの工場(同社提供・共同)
米発電機大手ジェネラックの工場(同社提供・共同)